フライパンや鍋が長持ちするおすすめの手入れと保管術

愛着のあるフライパンもしっかり長持ち!

こんな方法で手入れや使用していませんか?

おたまやヘラの材質にこだわっていますか?

料理は鍋があればいい訳ではなく、食材を混ぜるためのおたまや木べら、トングなどを使う事もあります。これらの器具を使う際に、材質にこだわってみませんか?
テフロンやセラミックはこれらの器具からのダメージを蓄積してしまう可能性もあるので、出来るだけ木製の器具を使うと良いですね。
近年ではシリコン製の器具も数多く輩出されていますが、温度が高い場合にはシリコンが溶けてしまうケースもあるのであまりお勧めできません。
また洗う時にも汚れが早く落ちるようにゴシゴシと擦ってはコーティングまで落としてしまいます。洗う時には優しく円を描いてゆっくりと汚れを落とす事をおすすめします。汚れがこびりついている場合は、お湯で洗うと落ちやすくなります。

強火や空焚きは危険

鍋を火にかけて油を入れようとおもったタイミングで来客や電話が来た。すぐに戻ってきたけれど空焚きになっていて煙が出ていた。料理をしていると一度は空焚きしてしまい、怖い思いをしたという方も多いのではないでしょうか。
空焚きは危険な行為でもあり、鍋にもよくありません。空焚きをすると温度が上がりすぎてしまい鍋の成分が食材に付着する原因、またはその成分が気化する事で有害な成分に変わってしまう場合もあります。鍋の為、自分の為にも空焚きは厳禁です。
そして料理初心者がやってしまうのが強火での調理です。料理には基本的に中火以上はあまり必要なく、食材の外は焦げてしまい中は生のままという状態を作ってしまいます。鍋を劣化させる原因ともなるので、強火にするのは鉄製の鍋を乾燥させるだけでよいでしょう。

▲ ページトップへ戻る