フライパンや鍋が長持ちするおすすめの手入れと保管術

愛着のあるフライパンもしっかり長持ち!

簡単に出来る手入れ方法を知る

基本的な手入れ方法

冒頭で様々な材質の寿命について公開しましたが、今回はタイプごとの手入れについて紹介します。
その前に基本の手入れはご存知ですか?多くの家庭では料理をした後にすぐ水に浸け、キッチン用洗剤で洗うという方法をとっています。しかしこれは間違いなのです。
汚れた鍋は熱が完全に冷めないうちにキッチンペーパーなどで油分を拭き、水ではなくお湯につけます。その後、洗剤のついていないスポンジでサッと洗います。それでも汚れがひどい場合や、臭いが気になる場合は、水につけた後で、洗剤を付けスポンジで優しく洗います。洗剤を使うのは毎回でなく、汚れが目立つ時のみで良いのです。
毎日洗剤を使っていたという方は、節約にもなりますし試してみてください。

材質別の手入れ方法を公開!

最も安価で気軽に購入できるテフロン・セラミックの鍋は基本の手入れ方法で問題ありませんが、材質によって手入れが異なりますので気をつけて下さい。
まず鉄製の場合は、洗剤を使うのは厳禁です。理由はキッチン用洗剤によって鍋に染み込んだ油分が流れてしまうので、料理が焦げ付きやすくなってしまうためです。
鉄製の場合はお湯、または水につけた後に何もつけていないスポンジで優しく洗い、水きりをしたら強火で加熱し水分を飛ばします。
ストーン加工や、ダイヤモンドコーティングに関しては急激な熱の変化に弱いので、基本的に洗った後の加熱は不要です。どうしても水分が気になる場合は、お湯で洗ったあとに弱火で水分を蒸発させるとコーティングが剥げるのを防げます。

▲ ページトップへ戻る