フライパンや鍋が長持ちするおすすめの手入れと保管術

愛着のあるフライパンもしっかり長持ち!

どんな調理器具があるの?

良く使う調理器具の寿命とは?

新しく買った調理器具というのは、それだけでワクワクしますしたっぷり使い込みたいと思うものです。
しかし調理器具にも寿命が設けられていて、それを守らないと料理が焦げやすくなる、または鍋についている成分が食材に移ってしまうケースもあります。鍋といっても様々な鍋がありますので、今回は種類別に寿命を公開していきたいと思います。
まずテフロンやセラミック製は、フッ素樹脂がコーティングは、焦げ付きにくく洗いやすい様になっています。フッ素樹脂は使えば使うほど剥がれてしまうので、毎日使うと過程して寿命は1年程度です。
同じくダイヤモンド加工されている鍋に関しては、テフロンやセラミックよりも少し長く約2~3年程度となります。

様々な材質の寿命をピックアップ!

同じ様にフッ素樹脂で加工しているストーン加工の鍋ですが、この材質はフッ素樹脂以外に大理石を混ぜ込んで、何層にも重ねているという特徴があります。このストーン加工であれば3年以上も持ちます。
そして最も寿命が長いとされているのが鉄製の鍋です。重量があり、大きな中華鍋は女性が持つにはちょっと大変だと言われています。この材質はコーティング加工などがされていないので、火加減に注意しながら調理する必要があります。肝心の寿命は10年と群を抜いて長いといえます。また良質な鉄を使っている場合は、油を染み込ませるために洗わずにいると一生持つとも言われています。
材質によって大きく寿命が異なりますので、用途に合わせて選択してください。

▲ ページトップへ戻る