フライパンや鍋が長持ちするおすすめの手入れと保管術

愛着のあるフライパンもしっかり長持ち!

調理器具の寿命ってどれくらい?

お鍋やフライパン、雪平鍋、土鍋、両手鍋とキッチンには様々な調理器具が溢れています。普段自炊を含む、料理をしない方には馴染みのないワードかもしれませんが、近年ではホットプレート・電気圧力鍋やフライヤー、ヨーグルトメーカーといった火を使わずに利用出来る調理器具もあります。しかしこれらの中で最も使われているのはやはりフライパンなどの鍋ではないでしょうか。
特にフライパンは大きさや深さによっては焼く・煮る・揚げるといった様々な調理が出来るので、複数あってもおかしくありません。
しかしこれらの調理器具ですが、どの程度で買い替えをしていますか?通常は壊れてしまった、またはコーティング剤が剥がれてしまったといった何かしらの理由があってからではないでしょうか。大切に使ってきた調理器具だからこそ、長持ちさせたいですし出来る事ならずっと使っていきたいと思いませんか?
今回はオールマイティに活躍している鍋を長持ちさせる方法について説明していきたいと思います。日頃から出来る手入れはもちろんの事、買い替えのタイミング、更にはどのような使い方をすればよいのかといった部分にスポットを当てています。
他にも調理器具についての情報を発信していきたいと思いますので、普段から調理器具に気を遣っている方はもちろんの事、これから調理器具を揃えようと思っている方や、まったく手入れをした事がないという方にも、役立つ情報を公開していきます。

どんな調理器具があるの?

毎日のように使っているフライパンや鍋といった調理器具ですが、壊れない限り使い続けている方がほとんどです。 これらの調理器具に定められている寿命はどのくらいなのでしょうか?タイプ別に分けて想定される寿命や、買い替えの時期を紹介していきたいと思います。

簡単に出来る手入れ方法を知る

毎日使うものだから、出来る限り長持ちしてもらいたい。そんなアナタに、調理器器具の手入れ方法を紹介しています。 自分で簡単に出来るので、家事の負担になりませんし習慣付ける事によって、料理がもっとおいしくなる可能性もあります。さっそく今日から試してみませんか?

こんな方法で手入れや使用していませんか?

どんなに良い製品でも、手入れ方法や使用方法が正しくなければどんどん劣化してしまいます。大切に使いたいあまり手入れをするのは良いけれど、何気なく使っている方法がその調理器具を劣化させている可能性があるのです。 うっかりやってしまうNG方法や、気をつけたい注意点について説明しています。

▲ ページトップへ戻る